月別アーカイブ6月 2018

ダイエットにも最適なお酢は1日の適量を守る

健康のためにも太り過ぎは解消をする必要がありますし、標準体重を維持してこそ心身の健やかさは維持しやすくなります。丈夫でイキイキした身体を維持するためにも、増えすぎた体重はダイエットをして落とす必要がありますが、内側から助けになってくれるのがお酢です。体重管理の健康対策にも使えるお酢は1日におよそ15mlから30mlを飲むのが適量であり、1日の中で数回に分けて摂取をすること、過度な摂取は必要ありません。

 

一度にたくさん飲むと胃腸に大きな負担をかけてしまいますが、適量を守り毎日続けることでダイエットにも効果を発揮しやすくなります。ダイエットはイコール食べないと考えがちですが、野菜や質の良いたんぱく質、海藻類など必要な栄養は摂取することが前提です。お酢は空腹時に飲むと胃痛を起こすことがあるので、食事を食べているときや食後に摂取します。クエン酸やアミノ酸が豊富なのもお酢の強みですから、緩やかに体の中からダイエットを助けてくれますし、お酢を取り入れる方法なら無理がありません。

お酢、料理酢、合わせ酢の健康効果とレシピについて

お酢は、健康やダイエットに良いとテレビや本などでよく言われています。
私自身と私の家族も食事にお酢を取り入れるようになってから、全員体重が減りました。
もともと家族全員ぽっちゃりとした体型だったのですが、痩せて普通体型になりました。
このことからも食事にお酢を取り入れることは、健康にもダイエットにも良い効果があることがわかります。

我が家では、簡単に作ることができるお酢料理を食事に一品取り入れています。
その簡単に作ることができるお酢料理を紹介したいと思います。

料理名は、「きゅうりとわかめとタコの酢の物」です。
この料理は、とても簡単に作ることができます。

まず始めに、わかめとタコをお湯で煮ます。
(タコは食べやすい大きさに切ってください。)
それから、きゅうりを輪切りにしておきます。
最後にこれら3つの食材を合わせて、お酢と少量の砂糖を加えて和えます。
食べる前に白ごまを振りかけて戴きます。

簡単に作ることができるレシピなので、一度試されてください。